イベント関係

2021年11月25日 (木)

第三十三回文学フリマ東京の御礼とご報告&今後の予定など

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 

 2021年11月23日に東京・大田区の東京流通センターにて第三十三回文学フリマ東京が開催され、『そよ風文芸食堂』のブースにはたくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございます!

 まずは本をお買い上げいただいた方、ありがとうございます。興味をお持ちいただき、嬉しく思います。これからもがんばっていきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

 立ち読みや雑談をしていただいた方、ありがとうございます。貴重なお時間をいただき、大変恐縮でございます。機会がありましたら、またお気軽にいらっしゃってください。

 

 では、当日の私についてお話しします。

 

20211124008  今回も前回に引き続き出展者向け開場時間が10時30分(通常時よりも30分遅い)ということで、ゆったりと自宅を出発しました。前日までの雨も上がって晴れということで、いつものように品川駅から都営バスで大田市場北へ行き、そこから徒歩で会場の東京流通センターへ移動です。

←大田市場北(写真は過去のものです)

 

 ちなみに雨なら前回のように大森駅から京浜急行バスで移動します。ただ、大森駅方面からの移動だと平和島循環など一部を除き、最初に停車する流通センター前停留所は屋根がありませんからね。そういう場合は乗ったまま京浜島を一周してから二回目に停車する流通センター前停留所(元・交番〈地域安全センター〉の横)で降りれば屋根があります。
 時間はかかりますけど、京浜島まで行くと目の前に飛行機が停まってるので見てて面白いですよ。

 

 なお、時間調整の意味合いもあり、前々回(のはずですが記憶が曖昧)と同様に大門駅から浜95系統で品川駅港南口へ向かいました。これなら品川駅高輪口から港南口へ、駅構内を移動しなくて済むんですよ。エレベーターやエスカレーターがあるとはいえ、段差はバリバリのバリア(障壁)ですからね。

 私はバスのことを色々やってますが、高齢者が鉄道を使いたがらないのは階段の上り下りがあるのも一因らしいです。一方、バスなら家の近くから目的地の近くまで段差を越えずに移動できます。だから時間がかかってもバスがある方がありがたいという話をバスの車内で何度も聞いたことがあります。

 ――というようなことを旅行記の中に書いたり、イベント出展の際にお話ししたりしてます。まー、興味のある方はブースで私に話を振ってみてください

 そういえば、鉄道の駅などでのバリアフリー整備費用が数年後くらいから運賃に上乗せされるらしいですね。もっと早くやってもいいと思うんですけどね。いろんなしがらみがあるのかもしれません。

 

20211124001  さて、大田市場北に到着後はカートで荷物を引っ張りながら東京流通センターへ。途中には貨物線や東京港野鳥公園があります。見上げれば飛行機が低空で飛行していって大迫力なんですよ(帰りの時間帯になると周囲が暗いので、飛行機の灯りが目立ってそれはそれで綺麗です)。

 JRの羽田空港アクセス線が整備されたら、このあたりに新駅が造られるのでしょうかねぇ? そうなるとこの付近の景色も変わりそうです。
 新駅はJR貨物やJR東海の関連会社、大田市場関係者など需要はあると思うんですよね(もちろん、野鳥公園来園者も来やすくなるとは思いますが、付近で働く皆様の数と比べれば微少でしょう)。

 

20211124002 20211108006  その後、ヘトヘトになりながら東京流通センターに到着。そりゃ、15kgくらいの荷物を持って移動(トータルで片道3~4kmくらいかな?)してるので、そこそこ体力も奪われますよね……。

 ちなみにカートには新規導入の『おかもち3号』が載せてありました。2号と同様に取っ手の部分は着脱可能&車輪と交換可能なので、遠征の際の宅配便輸送などで真価を発揮します(取っ手を外せば120サイズ対応となっております。また、カートに搭載する場合も考え、カートのサイズに合わせた設計です)。

 体力的にそろそろ東京での開催でも宅配便搬入をする時期なのか……? でも楽ばっかりだとクセになるので、限界までがんばります。
 こうして東京流通センターに着いた後は今回も建物の南側にあるスロープを上がり、入口では検温やら何やらの手続きをして会場に入ります。

 

 なお、今回のブースの位置はお誕生日席ですが背中には柱があり、『柱の男』の異名は健在です。しかもつい最近のことですが『柱の男は太陽の光に弱い』という点を克服するために『エイなんとかの赤っぽい石』を手に入れたので、もう太陽拳なんて怖くありません。一発死回避です。今度はファミ●ャンのプレイヤーに――

あァァァんまりだァァアァ!

 ――と、言わせてやります。

 それと『柱』つながりといえば鬼を滅する刃の作品ですが、次の新刊(たぶん2022年の5月に発行)はそれにちょっとだけ関係あるとかないとか。ほとんど関係ないですけど、意味が分かると関係あるというか……。

 新刊についてはこの記事の下の方にもう少しだけ情報を書いてありますので、よろしければ最後までご覧ください。

 

20211124005   さて、今回はお隣のブースの方が先にいらっしゃっていたのでご挨拶をしてからお菓子を交換したり本を交換したり、その後も雑談しながらブースを設営しておりました。その節はお世話になりました。

 また、ブースですがスペースを有効活用するために数時間くらいで新型什器を作っちゃいました。
 既製品を改造しただけなのでそれも当然ですが。プラスチックの土台の片方を切って、鉄道模型がその間を通れるように足を設置するといった感じです。

 

 それと鉄道模型にぐんまちゃんとメッセージボードを乗せられるように改造してみました。ぐんまちゃんの頭部が重く(要するに頭でっかち)、しかもカーブの通過時に遠心力がかかり、さらにカーブにはカント(車両がカーブを走行しやすくするために付いている傾きのこと。本物の鉄道でもカーブを通過する時に傾いてますよね?)があるのでバランス調整に苦労しました。

20211124004  重心を低くしようにも車幅にフィットするウエイト(重り)は手元になく、複線なので車両限界(車体断面のサイズの限界のこと。これを超えてしまうと車両同士がすれ違う時に接触してしまう)も考えなければなりません。でも工夫で乗り越えました。あのぐんまちゃんは無数の転倒事故の上に成り立っているのです。
 おかげで現場ではブースにいらっしゃったお子様たちによる力以外では転倒せずに走れました。

 そういえば、開場後は食い入るように鉄道模型を眺めているお子様がたくさんいらっしゃいました。楽しんでもらえたみたいで良かったです。ただ、よい子のみんなにお願いがあります。

 さわると でんしゃが だっせん しちゃうので、はなれて みるだけに してね? おっちゃんとの やくそくだよ♪

 また、鉄道模型にン百万円つぎ込んでいる上司がいるという方もいらっしゃって、そのお話をされていました。確かに鉄道模型はそこそこ値が張りますが、私はそこまで使ってません。具体的な額はご想像にお任せしますが……。

 ちなみにこの鉄道模型は自動で往復運転をします。センサーで往復するようにしてあります。興味をお持ちいただいた何人かの方にはその説明もさせていただきました。
 前回はセンサー(CDSのこと。明るさで抵抗値が変化する部品)がうまく機能せず戸惑ったということを記事に書きましたが、今回はその対策をしていったので問題は起きませんでした。もっとも、会場の明るさが分からないので実際に現場で試してみるまでどうなるか分かりませんでしたが。

 ま、応急処置した際のメイド 明度を基にカバーの調整をしたので、それがうまくいったという形ですね。センサー自体を変える(抵抗値の大きいものに変える)ことも考えたんですけど、それだと明るさの足りない場所では照明を用意しなければならなくなるので、カバーによって明るさを調整するという結論に至りまして。

 寒い時、下着とか素肌の上にコートを1枚羽織るのではなく、服を重ね着して対応しようというパターンです。もし屋内など暖かい場所へ行ってもコート1枚じゃ、脱いで対応できないでしょう? もし脱いだらポリスメンに逮捕されちゃいます。でも重ね着ならある程度の調整が出来ますから。 

 また、電池ですが最初の運用から交換せずに動いています。今回も乗り越えました。いつまで容量が持つのか分かりませんが、ブラック●ウスさんのおっしゃるように『力こそパワー!』ですね。

 

20211124003  ――というわけで、ブースの様子はこんな感じです。前述したように新型什器を導入した関係で線路の上空に物が置けるようになったので、前回までコイントレーのあった場所には新たに本を陳列しました。

 本来ならこの位置には回転什器(回什くん2号)が設置されているはずなのですが、接触機会を減らすということでお休みとなっています。また、現行の形が定着しつつあるので回什くんはこのまま引退になるかもしれません。再開するにしてもサイズを調整しなければならないので、回什くん3号を新製することとなるでしょう。

 なお、ブースは常に試行錯誤しているので、毎回ちょっとずつ変化しています。もちろん、皆様にはお気づきいただけないであろう細かな部分や見えない部分などが大半ですが。一応、持ち運びを考えて軽量化や組み立て時間短縮化、見やすさ、そのほか色々なことを目的にやっています。
 あるいは単純に破損が限界を超えて新製するパターンもあります(使っているとどうしてもどこかにガタが来ますので)。今回も終了後にいくつか破損が出ているので、近いうちに修理する予定です。

 

 では、開場後の様子についてです。出だしはいつものようにゆったりという感じでした。まー、でも周りの皆様がロケットスタートでどんどん頒布していくのを見ると、どうしても私自身は不安になってしまいますよね。

 その後は常連さんや以前から何度か本をご購入なさっている方、出版や交通業界の方などがいらっしゃって、本の情報が役に立ったとか、次の出展はいつですかとか、また次も来ますとか、調子はどうですかなど、ありがたいお言葉をたくさんいただきました。体がひとつしかないので活動の範囲に限界はありますが、これからも皆様のお声を胸に一つひとつがんばっていきます。

 また、雑談をしにいらっしゃったり足をお止めいただいたり、皆様には楽しい時間を過ごさせていただきました。今回は特に大阪市営渡船について魅力をお伝えできたのが良かったです。大阪に住んでいても渡船を知らなかったという方や乗ったことがないという方が結構いらっしゃって、ぜひとも一度乗っていただきたいです。

 ゲームブックは文学フリマ大阪やコミックマーケットと比べると反応が少ないですね。ただ、表紙を『かわいい』とおっしゃってくれた方がいらっしゃったのは嬉しかったです。

 新刊の東急バス旅行記ですが、東急バスを普段から利用しているという方が何人かいらっしゃいました。特に東98系統は沿線やヘビーユーザーの方が多い感じでした。その話題で盛り上がりまして、作って良かったなぁとあらためて思った次第です。

 ――ほかにも書きたいことはたくさんありますが、書ききれないのでこれくらいで。

 

 なお、会場は相変わらず賑わっていたように感じます。まー、今回はブースがフロアの隅だったので全体的にどうだったのかを正確に把握しているわけではありませんが。
 また、今回も椅子には座らず、何かを食べるということもなく水分(ペットボトルのお茶)補給のみでした。でもさすがに体力的に辛くなってきたので、今後は座っている時があるかもしれません。その際はどうかご容赦ください。

 ブースにいらっしゃった皆様の男女比は7:3くらいでした。年代ですが近年は平均的で偏りが感じられなくなってきているような気がします。

 

004_20211031183301 202103  それでは今回のご報告です。

 新刊は東急バスだけを乗り継いで東京駅→新横浜駅→奈良北団地折返場を移動した『東急バス旅行記』、東京のコミュニティバスのデータを路線ごとにまとめた『東京都コミュニティバス全路線データブック 北多摩編』の計2種類でした。

  

 今回は以下の作品が完売となりました(事前に予約いただいていた作品を除く)。

・大阪市営渡船旅行記

・京王バス旅行記

 今回は来月にコミックマーケット99への出展があるということで各作品を多めに増刷してあったので、皆様のお手元へほぼお届けできたのではないかと思います。

 なお、総部数は前回出展時(第三十二回文学フリマ東京)と比べ、微増となりました。

 

 ここでお知らせです。

 京王バス旅行記ですが、今回をもって定期的な増刷を休止させていただきます。ただし、ご要望がある場合は増刷しますので、ご入り用の方は事前にご連絡ください。
 また、紙媒体の多摩地域都バス旅行記とモノレール旅行記は絶版を検討中です。今後の扱いは未定となっております。詳細が決まりましたらブログ支店などであらためてお知らせします。

 今後の出展は2021年12月31日に東京ビッグサイトで開催のコミックマーケット99(スペース番号は『456ホール・ハ-05a』です)、2022年5月29日に東京流通センターで開催の第三十四回文学フリマ東京を予定しています。
 ただ、突発的にそれら以外のイベントへ出展する場合や諸事情により出展取りやめの場合もあります。

 委託販売については2021年中の新規委託はありません。早くてもコミックマーケット99の開催以降となります。委託する作品のラインナップは未定です。

 国会図書館への納本は2021年に新規発行したものを2022年の早い時期にまとめておこなう予定です。もうしばらくお待ちください。

2021112401020211124011  次の新刊についてですが、第九回文学フリマ大阪で関西遠征した際に巡った場所の旅行記の予定です。旅先は大阪市内が少しありますが、大半は某地域です。前出したように鬼を滅する刃の作品に関係あるようなないような。

 鉄道(JR、私鉄)とバス(一般路線バス、コミュニティバス、高速路線バス)とアクシデントと失われし記録と写真とゲーム原作のアニメと旅情報が満載の内容です(予定)。
 今回も旅の女神様のお導きがたくさんありました。それと残暑厳しい中、長距離の徒歩移動もしました。

 詳細は2022年3月か4月頃に公開しようかなと考えています。まー、そもそも現段階では無事に制作が進むかどうかが分かりませんけど……。

 

 次回の更新は12月中の予定です。コミックマーケット99出展関連の情報を公開をします。

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

 

| | コメント (0)

2021年11月23日 (火)

第三十三回文学フリマ東京、ありがとうございます!!

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 本日は第三十三回文学フリマ東京の『そよ風文芸食堂』ブースへ、たくさんの方にお立ち寄りいただきました。ありがとうございます。 

 正式な御礼や在庫・増刷状況、当日の様子などは近日中に更新いたします。

 

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

| | コメント (0)

本日は第三十三回文学フリマ東京です!

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 本日は東京・大田区平和島の東京流通センター第一展示場で『第三十三回文学フリマ東京』が開催されます。

 開催地やイベント概要、出展物の情報などは以前の記事にまとめてありますので、そちらをご覧ください。

 

33  ブースは会場に入って左、お誕生日席(島の端)の『テ-01』です。いつものように柱の横でもあります。

 ←左の図をご参照ください(クリックすると拡大して表示されます)。

 

 新刊はバスの旅行記とコミュニティバスデータブックの計2種類です。
 概要は次の通りです。
 

004_20211031183301 202103 【新刊】

 バスの旅行記の新刊は『東京~神奈川縦断 東急バス旅行記』です。東急バスだけを使い、最北端(旅をした当時)&最東端の東京駅丸の内南口から最南端の又口橋(新横浜駅の近く)を経由し、最西端の奈良北団地折返場(玉川学園前駅の近く)までの約80kmの旅。今回も色々な出来事に遭遇しています。

 そのほかの新刊は『2021年上半期版 東京都コミュニティバス全路線データブック』の『北多摩編』です。文学フリマ東京では初刊行となります。

 もちろん、既刊の旅行記やゲームブック、小説、英語のバスの本なども取りそろえております。
 さらにブースでは特別企画を実施。ほかにも色々な企画をやっていますので、お気軽にお立ち寄りください!

 

 立ち読みや雑談だけでも大歓迎です! 気分次第で何かプレゼントを差し上げちゃうかもしれませんよっ?

 もちろん、先着で購入者特典もご用意しています。また、今回は複数冊購入者特典が『秋の開催限定バージョン』となっています。

 

 なお、今回の一般参加は新型コロナ感染症への対策(マスク着用など)が必要です。詳細は文学フリマのホームページやツイッターをご覧ください。

 

 

 いつもと同じご案内となりますが、本日午前5時00分以降はブログ、ホームページ、ツイッターなどの更新がストップします。

 御礼やお返事、文学フリマ当日の様子などのお話ができるようになるのは、深夜か明日以降となります。なにとぞ、ご承知おきくださいませ。

 

 

 次回の更新は近日中の予定です。

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。また、文学フリマ会場の『テ-01』ブースにて、皆様のお越しをお待ちしております!

 

| | コメント (0)

2021年11月12日 (金)

コミックマーケット99に出展します

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 
 12月31日に東京・江東区の東京ビッグサイトで開催のコミックマーケット99に出展参加します。スペース番号は『金曜日(2日目) 東(456ホール) ハ-05a』です。

 今回は入場者数の制限やチケットが必要など、様々な点で今までと異なっておりますのでご注意ください。本当はもっと気軽にご来店いただければ嬉しいのですが、まだそういう状況になっていませんのでそれが悔しいところです……。
 なお、チケットは当日発売がないとのことですので、事前準備なしでは会場内に入れないらしいです。

 出展作品のラインナップは第三十三回文学フリマ東京と同じ(予定)ですので、こちらにいらっしゃっていただけたら幸いです。ブース番号は『テ-01』です。出展内容や新刊についての詳細はすでに公開済みですので、該当の記事をご覧ください。
 文学フリマは入場チケットなどはありません(無料です。また、前回の状況から考えますとそんなに混まずに見て回れると思われます)。

 

 次回の更新は11月中の予定です。第三十三回文学フリマ東京関連の近況報告をします。

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

 

 

| | コメント (0)

2021年11月 2日 (火)

第三十三回文学フリマ東京 出展情報(最終更新:2021年11月2日)

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 

 お待たせしました。第三十三回文学フリマ東京の出展情報を公開します。追加情報があった場合には、この記事を更新していきます。
 なお、文学フリマWEBカタログでも情報を公開しておりますので、そちらも併せてご参照いただければ幸いです。

 また、一部の作品はメロンブックスさんにて委託販売をしていますが、手数料がかかるためイベントでの頒布価格よりも高く設定されております。ご了承ください。

 (最終更新:2021年11月2日)

 

 ← 在庫・増刷状況のページや新刊の個別ページもご用意しています。左側のカテゴリをクリックするなどして、ご活用下さい。

 

 

【第三十三回文学フリマ東京の概要・出展物のご案内】

 開催日:2021年11月23日(火曜日・祝日)

 時間:12時00分 ~ 17時00分

 場所:東京・大田区(平和島) 東京流通センター 第一展示場

 ※参加の際にはマスク着用など、新型コロナ感染症対策が必要となります。

 なお、入場料はかかりません(無料です)。

 

 最寄り駅:東京モノレール・流通センター(徒歩1分)

 最寄りバス停:京浜急行バス・流通センター前(徒歩3分)

 京浜急行バスの発着地:JR大森駅、京急本線大森海岸駅・平和島駅

 平和島循環(1時間に1本程度)・京浜島循環(30分~1時間に1本程度)・昭和島循環(朝3本、夕方3本)・城南島循環(1時間に1本程度)など

 ――なお、ほかにも公共交通機関があります(ただし玄人向け)。

 

 

33 『そよ風文芸食堂』のブース:テ-01(入って左側、お誕生日席〈島の端〉です)

 ※カタログなどの地図をご確認いただけると幸いでございます。
 なお、左の図をクリックすると大きく表示されます。

 

 

 出展物:今回は以下のラインナップとなっています。(新刊)がついているものは新刊です。

 詳細については、←カテゴリの『出版物案内』にまとめてありますので、そちらもご覧下さい。

 

 事前にメールなどでご連絡いただければ、取り置きもいたします。どうぞお気軽にご連絡ください。

 増刷しないものが多数あります。以下に書かれていない既刊は増刷しません。ご入り用の方は個別にご連絡ください(注文生産となります)。

 在庫の少ないものもございます。完売の際にはご容赦ください。

 

 なお、新型コロナ感染症の流行という社会状況を考え、今回も頒布する作品の種類を減らします。また、各作品の頒布数も減らしますのでご容赦ください。

 ただし、事前にご連絡いただければ頒布予定のない作品でもご用意しますので、2021年11月16日までにメール(soyokazebungei@yahoo.co.jp)やツイッター(@soyobun)でお知らせください。数が多い場合はご期待に添えない可能性もありますので、お早めにご連絡いただければ幸いでございます。

 

◆ 

『目次』 ※目次の下に各出版物の表紙画像と概要説明があります。

〈新刊〉

  楽しい1日乗車券! 東京~神奈川縦断 東急バス旅行記

  2021年上半期版 東京都コミュニティバス全路線データブック ~北多摩編~

 

〈旅行記・データブック関係〉

 2021年上半期版 東京都コミュニティバス全路線データブック~特別区編~

 2021年上半期版 東京都コミュニティバス全路線データブック~南&西多摩編~

 群馬県前橋市コミュニティバス旅行記

 大阪市営渡船旅行記

 東京東部 東武バス旅行記

 東京特別区&三多摩 17区市町村63路線! コミュニティバス旅行記

 東京都コミュニティバス路線図 (※配布は先着となります)

 渡船が結ぶもの ~関東に残る渡し船の記録~

 東京 北多摩16市70路線! コミュニティバス旅行記

 東京北多摩 コミュニティバス路線図 (※配布は先着となります)

 東京21区81路線! コミュニティバス旅行記

 東京特別区 コミュニティバス路線図 (※配布は先着となります)

 一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記

 楽しい1日乗車券外伝! 隅田川七福神巡り旅行記

 楽しい1日乗車券! 東京横断 京王バス旅行記

 茨城県日立市 大甕神社&自動運転バス旅行記

 A SMALL BUS TRIP THAT TOUCHES JAPANESE EVERYDAY SCENERY Vol.1

 HOW TO GET ON AND OFF A FIXED-ROUTE BUS IN JAPAN !

 

〈ゲームブック〉

 トラベルゲームブック『クーデレ留学生とあの日の約束』

 トラベルゲームブック『ツンデレお嬢様と大きな財産』

 トラベルゲームブック『ヤンデレ彼女の追跡大作戦』

 

〈短編小説集、小説関係、特典関係など〉

 しあわせランチボックス 第四食

 旅で出会ったネコと動物フォトブック

 旅神社の御朱印

 ※短編小説小冊子の頒布は検討中です。

 

〈頒布しない作品〉

 ※この記事の最後の方に一覧を記載しています。

 

 

004_20211031183301  楽しい1日乗車券! 東京~神奈川縦断 東急バス旅行記

 ひとつの『一日乗車券』にスポットを当てて旅をする『楽しい1日乗車券シリーズ』の第2作(シリーズ全体では3作目)。

 本作では『東急バス一日乗車券』を使い、最北端(旅をした当時)かつ最東端の東京駅丸の内南口から最南端の又口橋(新横浜駅の近く)と最西端の奈良北団地折返場(玉川学園前駅の近く)へ、東急バスだけを乗り継いで目指します。総乗車距離は約80km。

 神奈川県川崎市と横浜市の路線がメインとなっております。

 そして今回の旅ではアクシデントが断続的に起きて……。

 

202103  2021年上半期版 東京都コミュニティバス 全路線データブック ~北多摩編~

 東京都で運行されているコミュニティバス全路線の情報をまとめたデータブックです。

 第11作となる本作では北多摩(立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、小金井市、小平市、東村山市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、清瀬市、武蔵村山市、西東京市)を取り扱っています。

 

 各種データ、時刻表、沿線写真、路線図などを各路線ごとにまとめています。

 2021年上半期版の北多摩編は、文学フリマ東京では初頒布となります。

 ※委託販売中です。リンク先はこちら

 

 

2021_20210514001201 (既刊)・2021年上半期版 東京都コミュニティバス 全路線データブック ~特別区編~

 東京都で運行されているコミュニティバス全路線の情報をまとめたデータブックです。

 第10作となる本作では特別区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、葛飾区、江戸川区)+αを取り扱っています。新規路線の追加、時刻変更、廃止路線、停留所追加、経路変更、バス特情報などの更新があります。

 

 各種データ、時刻表、沿線写真、路線図などを各路線ごとにまとめています。

 ※委託販売中です。リンク先はこちら

 

2021 (既刊)・2021年上半期版 東京都コミュニティバス 全路線データブック ~南&西多摩編~

 東京都で運行されているコミュニティバス全路線の情報をまとめたデータブックです。

 第9作となる本作では南&西多摩(八王子市、町田市、日野市、福生市、多摩市、稲城市、羽村市、あきる野市、瑞穂町、日の出町、檜原村)を取り扱っています。

 

 各種データ、時刻表、沿線写真、路線図などを各路線ごとにまとめています。

 南&西多摩編は本作が初刊行となります。

 ※委託販売中です。リンク先はこちら

 

013 (既刊)・群馬県前橋市コミュニティバス旅行記

 ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズの第18作目(旅行記全体では35作目)。

 群馬県前橋市のコミュニティバス『マイバス』の全4路線、ふるさとバス(大胡・宮城・粕川デマンド運行バス)、るんるんバス(富士見地区内デマンド運行バス)、上毛電気鉄道などを使った旅。

 巻末には各路線のデータブックページも収録している。

 

 商業誌ではあまり扱わないような切り口で前橋市をご紹介した一冊! 普通の旅に飽きた皆様に最適な一冊となっている。

 キャッチコピーは『皆様が知らない前橋市の魅力がここにあるッ!』。

 雑学をやさしく解説したコーナー、貴重な各種データなども収録。
 また、旅やバスファンだけでなく、読書ファンも楽しめる構成になっています。
もちろん、各地の写真も多数収録しています。

 ※委託販売は終了しました。リンク先はこちら

  

Photo_20191020213201  (既刊)・大阪市営渡船旅行記

 ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズの第17作目(旅行記全体では34作目)。

 大阪市営渡船の全8航路を完乗し、さらに旧渡船場の6か所や史跡、名所、銭湯などを巡った旅。第七回文学フリマ大阪の参加記録や遠征の際の工夫なども紹介している。

 大阪シティバスや大阪メトロなども収録。

 雑学をやさしく解説したコーナー、貴重な各種データなども収録。
 また、旅やバスファンだけでなく、読書ファンも楽しめる構成になっています。
もちろん、各地の写真も多数収録しています。

 ※委託販売は終了しました。リンク先はこちら

 

0007 (既刊)・東京東部 東武バス旅行記

 ちょっぴりエッチで かなーりおバカな旅行記シリーズの第13作(旅行記全体では33作目)。

 東京東部や埼玉南部を中心に運行されている東武バスセントラルの路線バスのうち、主に東京都内の路線を中心に乗りつくした旅。1日に1往復以下しか運行されていない路線(綾20・22・62、有51、竹14の瀬崎中央経由、竹07・08・52、五28、西22、足35、王30、六18ほか) なども多数乗車した。日数は3日間で、スカイツリーシャトルも収録している。

 多摩地域 都バス旅行記以来の『ちょっぴりエッチで かなーりおバカな旅行記』シリーズの新作となっている。

 雑学をやさしく解説したコーナー、貴重な各種データなども収録。
 また、旅やバスファンだけでなく、読書ファンも楽しめる構成になっています。
もちろん、各地の写真も多数収録しています。

 ※委託販売は終了しました。リンク先はこちら

   

201804010062_2(既刊)・東京特別区&三多摩 17区市町村63路線! コミュニティバス旅行記

 ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズ第13~15弾(旅行記全体では27~29作目)です。

 東京西多摩と南多摩11市町村(青梅と奥多摩以外の市町村)で運行されている地域住民向けバスと、それに準ずる交通機関(乗合タクシー)の47路線に完乗した旅行記です。

 本作ではそれに加え、特別区と北多摩で新規開業した6区市16路線にも完乗しました(計63路線)。

 

 東京特別区のコミュニティバスを扱った第1弾、東京北多摩を扱った第2弾に引き続き、東京のコミュニティバスを扱った旅行記の第3弾(完結編)です。
 これで東京のコミュニティバスは全路線(48区市町村214路線)制覇となりました。

 

 西多摩&南多摩地域の特色として、特別区や北多摩とは違った運行方式やルートなどが見られます。また、素敵な景色の写真や各種データが満載です。

 ※委託販売中です。リンク先はこちら

 

20180401007_2(既刊)・東京都コミュニティバス路線図 

 『東京特別区&三多摩 17区市町村63路線! コミュニティバス旅行記』で制作・使用した各区市町村の路線図(イラスト)を1つへまとめたものです。

 

 なお、『東京特別区&三多摩 17区市町村63路線! コミュニティバス旅行記』の全域循環(総合版)をお買い上げの方には無料で差し上げます(先着です。在庫切れの場合はご容赦ください)

  

002既刊)・渡船が結ぶもの ~関東に残る渡し船の記録~ 

 関東にある全ての渡船を巡った旅です。

 群馬県内の伊勢崎市にある島村渡船や世界遺産『富岡製糸場と絹産業遺産群』の構成資産である『田島弥平旧宅』、千代田町の赤岩渡船など群馬県内をたくさん特集しております。

 かつて発行した1都5県渡船旅行記や島村渡船フェスタ旅行記をもとに、本文を刷新。さらに新規エピソードのほか、写真も約100枚追加しました。

 これが関東の渡船旅行記の決定版です!

 ※委託販売は終了しました。リンク先はこちら

 

104(既刊)・東京 北多摩16市70路線! コミュニティバス旅行記

ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズ第10~12弾です。

 東京 北多摩16市(東久留米以外の市)で運行されている地域住民向けバスと、それに準ずる交通機関(乗合タクシー)の70路線に完乗した旅行記です。

 

 東京特別区のコミュニティバスを扱った第1弾に引き続き、東京のコミュニティバスを扱った旅行記の第2弾です。
 これで東京のコミュニティバスは150路線以上制覇となりました。

 北多摩地域では、特別区で運行されているコミュニティバスとは違った特色が多く見られます。また、素敵な景色の写真や各種データが満載です。

 ※委託販売中です。リンク先はこちら

 

Cm_5(既刊)東京北多摩 コミュニティバス路線図

『東京 北多摩 16市70路線! コミュニティバス旅行記』で制作・使用した各市路線図(イラスト)を1つへまとめたものです。

 

 なお、『東京 北多摩 16市70路線! コミュニティバス旅行記』の全市循環(総合版)をお買い上げの方には無料で差し上げます(先着です。在庫切れの場合はご容赦ください)

 

 

 

2(既刊)東京21区81路線! コミュニティバス旅行記

 ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズ第4~6弾です。

 東京特別区21区(品川区と目黒区以外の21区)で運行されている、コミュニティバスとそれに準ずる自動車(乗合タクシー)を全て乗りつくした旅行記です。全部で81路線あります。旅の総日数は過去最長となっております。

 各区のコミュニティバスの特徴や出会った乗客の皆様、運転手さんたち、沿線の景色など、取材しないと分からない情報が満載です。東京の知られざる姿がここにあります。

 また、あの萌え系キャラクターがゲスト出演っ!? ぜひご期待ください。

 テレビ・ラジオ・新聞などで紹介されております!

 ※委託販売は終了しました。リンク先はこちら

 

Photo(既刊)東京特別区 コミュニティバス路線図

『東京21区81路線! コミュニティバス旅行記』で制作・使用した各区路線図(イラスト)を1つへまとめたものです。

 

 なお、『東京21区81路線! コミュニティバス旅行記』の全区循環(総合版)をお買い上げの方には無料で差し上げます(先着です。在庫切れの場合はご容赦ください)

 

 

 

 

006_2 (既刊)・一万石未満の特権大名! 喜連川旅行記

 ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズ第16弾(旅行記全体では30作目)です。

 関ヶ原の戦いのあと、東軍にも西軍にも属していなかった喜連川頼氏(よりうじ)は徳川家康へ戦勝の使者を送ったことで所領が加増されました。

 しかも通常は一万石以上でなければ『大名』とは呼ばれない上に立藩もできないにもかかわらず、喜連川氏は5000石(ちなみに家格は10万石格!)で大名として喜連川藩を立藩。さらに参勤交代の免除や数々の特権も徳川家から認められました。

 ――これだけの待遇を受ける喜連川氏とは、果たして何者なのでしょう?

 この唯一無二の特権大名・喜連川氏と喜連川藩(現・栃木県さくら市)にスポットを当てた旅行記です。

 

004 (既刊)・楽しい1日乗車券外伝! 隅田川七福神巡り旅行記

 楽しい1日乗車券シリーズの外伝・第1作(シリーズとしては2作目、旅行記全体では32作目)です。

 ひとつの1日乗車券にスポットを当て、それを使った旅をするという旅行記シリーズ。
 その外伝の第1作となる本作は、2019年9月までの期間限定(旅をした当時)で発売されている『台東・墨田 東京下町周遊きっぷ』を使い、七福神を祀っている墨田区内の寺社を巡る『隅田川七福神巡り(正月限定)』で御朱印をいただく旅となっています。

 隅田川七福神巡りは江戸時代に始まったとされ、今も多くの人々の信仰を集めています。

 なお、本作は寺社巡りがメインとなっているため、シリーズの外伝としました。

 

0038(既刊)・楽しい1日乗車券! 東京横断 京王バス旅行記

 旅行記の新シリーズ『楽しい1日乗車券』シリーズの第1作です。

 ひとつの1日乗車券にスポットを当て、それを使った旅をするという旅行記シリーズ。
 第1弾となる本作では、今まで制作した旅行記の中であまり利用していなかった『京王バス(京王バス東、京王バス中央、京王バス南、京王電鉄バス、京王バス小金井)』の『全線一日フリー乗車券』を使った旅をしました。

 スタートは最東端の渋谷駅で、ゴールは最西端の小仏。京王バスだけを乗り継いで、その約100キロを移動します。

 果たしてその旅で起きたこととは……。

 

Photo_2(既刊)・茨城県日立市 大甕神社&自動運転バス旅行記

 ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズの番外編・第2作(旅行記全体では31作目)です。

 ひとつの地域にスポットを当てた旅情成分が強めの旅行記。北関東を舞台とした旅行記シリーズのひとつとして制作しました。

 今回の旅の目的は、茨城県日立市でおこなわれる自動運転バスの実証実験(一般向けの試乗会)に参加すること。

 これは廃止になった日立電鉄線(鉄道)の跡地を利用して運行されている『ひたちBRT』を使い、『専用空間における自動走行等を活用した端末交通システムの社会実装に向けた実証』の一環で開催されたものだ。

 また、せっかく日立市へ行くのなら周辺の散策もしてみたい。というのも、そこには以前から気になっていた場所があるのだ。

 ――こうしてふたつの旅が始動した。

  

001 (既刊)A SMALL BUS TRIP THAT TOUCHES JAPANESE EVERYDAY SCENERY Vol.1

There are many tourist destinations in Japan. All are great places, so it's worth a visit. But there are many tourists everywhere you go. So you may not be able to enjoy sightseeing slowly. Furthermore, if you visit the same place many times, you may get bored.

This book is recommended for you who felt that way. We travel by taking a fixed route bus called community bus closely connected to the area, and introduce Japan that is not yet known.

This magazine contains a lot of such valuable information, such as daily life scenery of Japan, scenery of life, scenery of alleys, maniac places, residential areas and events. There are a lot of information that is not published in the famous guidebook.

Why don't you go on a trip where you can learn about 'Japanese everyday'?

 

 本文は全て英語! コミュニティバスの旅行記です。電子書籍版(KDP版)で先行配信したものを、紙媒体版としても発行します。

 電子書籍版の方がお安いです。商品説明のページはこちら

 電子書籍版があるため、紙媒体版はあまり多くの部数を発行しません。ご承知おきください。

  

Photo  (既刊)・HOW TO GET ON AND OFF A FIXED-ROUTE BUS IN JAPAN !

Nice to meet you, everyone thinking about a trip to Japan from now on. Hello.

I am an expert on Japanese fixed-route buses.Everyone, do you know how the Japanese fixed-route bus is operated? Do you know in detail how to get on and off?

In fact, the fixed-route bus in Japan is surprisingly complicated. But if you read this book, you will probably be relieved. That's because a detailed explanation is written along with the picture.

I do not see a book written so far about how to get on and off the Japanese fixed-route bus. I do not see even a book written in Japanese.So I made this book for everyone thinking of traveling to Japan.If you are interested please take a look.

 

 本文は全て英語! バスについて書かれた本です。電子書籍版(KDP版)で先行配信したものを、紙媒体版としても発行します。

 電子書籍版の方がお安いです。商品説明のページはこちら

 電子書籍版があるため、紙媒体版はあまり多くの部数を発行しません。ご承知おきください。

 

Cudere(既刊)・トラベルゲームブック クーデレ留学生とあの日の約束

『トラベルゲームブック』シリーズ第3弾! 

 旅行記でもないっ! 小説でもないっ! 乗車券ガイドでもないっ! それらが融合した新感覚&本格的ゲームブックです。

 従来から複数冊購入者特典として制作していたゲームブックですが、読者の皆様から本格的なゲームブックのリクエストが多かったため、新シリーズとして制作しました。

 主人公の高校生・住之江湧太は幼馴染みの蒼田鈴音とともに東京→出雲大社の旅をすることとなります。キーワードは『約束』。そして湧太と鈴音が交わした『あの日の約束』の真意とは?

 

 メインエンディングが複数存在する『マルチエンディング方式』を採用! さらに物語展開も自由度が高く設定されており、様々な経路が選択できます!
 さらに本作では作品に仕掛けを施し、1回のプレイで全体を楽しめるようになっています。

 ※ピクシブさんにてプロローグ全文を公開中です。リンク先はこちら

 

Yanderen(既刊)トラベルゲームブック『ヤンデレ彼女の追跡大作戦』 

『トラベルゲームブック』シリーズ第2弾! 

 旅行記でもないっ! 小説でもないっ! 乗車券ガイドでもないっ! それらが融合した新感覚&本格的ゲームブックです。

 従来から複数冊購入者特典として制作していたゲームブックですが、読者の皆様から本格的なゲームブックのリクエストが多かったため、新シリーズとして制作しました。

 主人公の野間沸子が彼氏の矢島ミルディスとその友人の北野英人を追って、東京→伊勢神宮の旅へ。
 ストーリーはナンセンスなコメディ調。もちろん、この作品はフィクションなので真に受けないでください……。

 メインエンディングが複数存在する『マルチエンディング方式』を採用! さらに物語展開も自由度が高く設定されており、様々な経路が選択できます!

 ※新装版となりました。

 

20210604003(既刊)トラベルゲームブック『ツンデレお嬢様と大きな財産』 

『トラベルゲームブック』シリーズ第1弾!

 旅行記でもないっ! 小説でもないっ! 乗車券ガイドでもないっ! それらが融合した新感覚&本格的ゲームブックです。

 従来から複数冊購入者特典として制作していたゲームブックですが、読者の皆様から本格的なゲームブックのリクエストが多かったため、新シリーズとして制作しました。

 主人公の高校生・丹野克也が大金持ちのお嬢様・富津令愛の遺産相続騒動に巻き込まれ、東京~稚内の旅をすることになります。ライバルとの勝負に勝ち、無事にゴールできるのでしょうか? そして克也と令愛の過去には意外な真実がっ!

 なんとメインエンディングが複数存在する『マルチエンディング方式』を採用! さらに物語展開も自由度が高く設定されており、様々な経路が選択できます!

 ※新装版となりました。

 

04005(既刊)・ しあわせランチボックス・第四食

『しあわせ』をテーマにした短編・掌編小説集の新刊です。全部で11のストーリー(約12万文字)を詰め込んでいます。

 青春、友情、恋愛、童話、コメディなど、様々なジャンルの物語があります。

 分冊版(上巻/下巻)もあります。

 

【収録タイトル】

※あらすじなど、詳細については『しあわせランチボックス・第四食』の記事をご覧ください。

『サイフォン』

『切られた桜と切れない想い』

『秘めた想いは偽りとともに』

『命の半分』

『ひとりぼっちの文化祭』

『幼馴染依存症』

『永遠のトモダチ』

『雲のワタアメと青空の飲み薬』

『ようこそ、涼風文具店へ ~お姉さんの魔法のノート~』

『いつの間にか女装男子』

『まぼろしの美少女を追え』

  

Tabikko00_2 (既刊)・旅で出会ったネコと動物フォトブック ~1匹目~

 今までの旅で出会ったネコやイヌ、鳥などの写真を収録したフォトブック。そよ風文芸食堂においては、『データブックシリーズ』以来の新シリーズ作品となっている。

 

 略称は『旅っコ動物』。

 

 

 なお、以下の作品は立ち読み用もお持ちいたしません。ご入り用の方は事前にお問い合わせ願います。

 一部の作品はアマゾンさん(Kindle)で電子書籍版、メロンブックスさんで委託販売中ですので、そちらもご利用ください。

JR北海道 乗りつぶし旅行記(電子書籍あり)

0泊6日!? 夜行快速旅行記(電子書籍あり)

お気楽散策!? 三陸旅行記(電子書籍あり)

臨時快速三本勝負! 南東北&新潟旅行記(電子書籍あり)

徒歩と都バスで東奔西走!! 東京23区役所旅行記(電子書籍あり)

凍死寸前! 冬の東北ローカル線旅行記(電子書籍あり)

 

私鉄と路線バスで行く 32署59か所 都区内駐在所旅行記(委託販売あり)

 

・たまたま? たまに! 多摩地域都バス旅行記

・関東3都県 モノレール旅行記

・大和八木~新宮167km! 日本最長路線バス旅行記

・秩父SL旅行記

・誌上最小! アメリカ横断ウルトラ旅行記

・私鉄と路線バスで行く 1都5県渡船旅行記

・特別編 島村渡船フェスタ旅行記

・文学フリマ参加者のための『お得な乗車券』ガイド(全種)

・しあわせランチボックス(第一食/第二食/第三食)

――など。

 

 ブースには世話人である私が参ります。当日は色々な話題で語り合いましょう。ブログや出版物には書けなかった話などもしちゃうかもしれませんヨ♪

 なお、先着購入者特典&複数冊購入者特典をご用意しています。

 また、ブースでは特別企画も実施。詳細はブースにてご覧ください。

 

 冷やかし大歓迎、立ち読み大歓迎ですのでぜひお越し下さい! 皆様のご来店をお待ちしておりますっ!

 

 

| | コメント (0)

2021年10月24日 (日)

第三十三回文学フリマ東京のブース位置が確定しました!

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 
 11月23日に東京・大田区の東京流通センターで開催の第三十三回文学フリマ東京に出展参加します。ブース番号は『テ-01』です。
 久しぶりにお誕生日席です(この位置は目立つ場所だけに緊張するのですが……)。会場に入って左側です。新刊や出展作品などの詳細はもうしばらくお待ちください。

 なお、新刊は路線バスの旅行記の予定です。

 

 次回の更新は11月中の予定です。第三十三回文学フリマ東京の出展情報をお知らせします。

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

 

 

| | コメント (0)

2021年9月30日 (木)

第九回文学フリマ大阪の御礼とご報告

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 

 2021年9月26日に大阪・天満橋のOMMビルにて第九回文学フリマ大阪が開催され、『そよ風文芸食堂』のブースにはたくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございます!
 まずは一般・出展問わず全ての参加者の皆様、事務局ほか関係各所の皆様に厚く御礼申し上げます。リアルイベントがなかなか開催しづらい中で無事に実施できたことは本当に嬉しい限りです。今後はもっと世の中が明るい方向へ進めばいいなぁと感じております。

 

 本をお買い上げいただいた方、ありがとうございます。リクエストもいただきまして、今後とも精進して参ります。皆様の応援があるからこそ、あとちょっとだけがんばり続けようという気持ちになれます。
 イベントの場ではSNSなどだけでは伝わってこない想いを感じられますから、それを心に刻んで進んでいきます。もちろん、良いことだけではなくてネガティブなことも起きますが、それはそれで流しておきます。

 立ち読みや雑談をしていただいた方、ありがとうございます。貴重なお時間をいただき、大変恐縮でございます。
 今回は特に大阪市営渡船の楽しさを伝えることが出来たかなと思います。またお気軽にいらっしゃってください。

 

 では、当日の私についてお話しします。

 

 今回は遠征となりまして、前日に自宅を出発しました。詳細に関しましては新刊(発行時期未定)の中でお知らせしようかと思っています。要するに第一回文学フリマ大阪や第七回文学フリマ大阪の時と同様に取材にも行っていたんですね。新刊の内容はまだ秘密ですが、移動中に相変わらず色々なイベントが起きております。いやぁ、やっぱり旅はいいものです。

202011230012

 ということで紆余曲折あって大阪に着きまして、大阪メトロで天満橋へ移動。スマホがない私はいつものようにココアの名刺を渡して会場に入ります。そして宅配便で送っておいた荷物を開封してブースの設営を始めます。

 ……が、ここでトラブル発生。組み立て式立体什器(自作)なのですが、なんと間違えて旧型(かつて使っていたもの/1代前)を入れてしまってきていたんです。原因は荷物の積み込み前、什器の整備・整理をした時に旧型を入れていた袋と新型を入れていた袋を取り違えて収納していたということ――。

 ↓左が今回(旧型什器使用)、右が第三十二回文学フリマ東京(新型什器使用)

20210930001 20210517001  もちろん、新型の完成に伴って引退しただけのものなので新型(現行品)と同様に現在も使えるのですが、デメリットとしては組み立てにやや時間がかかるという点があります。このため、設営が10分ほど増える(予定より遅延する)こととなりました。
 ちなみに皆様が什器を見ても表面的に違いはほぼ分からないと思います。でもそうやって見えないところで改良や工夫をしているのです。

 それにしても、これが1代前の旧型だったのは不幸中の幸いでした。1代前なら新型と土台が共通なので対応できるんです。もし2代前だったら根本的に構造が異なるので、どうにもならなくなるところでしたからね(つまり立体的な陳列が不可能になります)。危ない危ない……。

 これも映画『アポロ13』を見ていたおかげです(なんか第三十二回文学フリマ東京の時も例に出しましたね……)。アポロ13では二酸化炭素を除去するフィルターが、着陸船と司令船で異なっていたために困ったというのがあったじゃないですか(最終的にはその場に存在する物でアダプターを作って対応しましたが)。それにプレステ2だってプレステのソフトが遊べるじゃないですか(例が古い!)。
 何かあった時のために、構造を共通化しておくことの大切さをあらためて実感した次第です。まー、そもそも積み込む前に確認しろよってことなんですけどねっ!

20210930002  さて、こうしてなんとか陳列が完了したのは11時10分。やはり什器の組み立てでのタイムロスが響いています。
 なお、今回の鉄道模型の自動往復運転は近鉄と南海、京阪で(ただし、京阪はほとんどケースに仕舞ったままでしたが)、そのほかに大阪シティバスとジェイアール高速バスの模型を飾っておりました。さらにポスターは大阪市営渡船の渡船場マップにするなど、全体が大阪に対応。

 もちろん、大阪名物ココアシガレットも配ってましたよ。これは接触確認アプリのココアにもかかっております。

 会場内の様子ですが、前回参加(第七回文学フリマ大阪)の時と比べると、同じくらいの数の人出かなという感じです(個人の印象です)。まぁ、単に私の記憶が曖昧なだけという可能性もありますけどねっ♪ 最近はボケが酷くて……(「最近じゃなくて昔からだろ!」というツッコミは不要です)。
 ちなみに来場者数が殺到した場合は時間帯によって来場者の入れ替えを実施する予定だったみたいですが、それはなかったですから特定の時間に人が集中するということはなかったのでしょう。

 で、我がブースでの私なのですが、大阪市営渡船旅行記を中心に日本最長路線バス旅行記やコミュニティバス関連の作品を説明しておりました。
 さらに大阪ではゲームブックも反応があって嬉しかったです。以前もそうだったのですが、大阪は東京と比べてゲームブックに興味をお持ちいただけることが多いです。ですからゲームブックの新刊を作るなら、大阪出展に合わせた方がいいのかもなぁとも思ったり。

 なお、ブースにいらっしゃった皆様の男女比は5:5くらいでした。年代はいつもよりも若い方が多かったように感じます。

 

 それでは今回のご報告です。

 新刊はトラベルゲームブック『クーデレ留学生とあの日の約束』、東京のコミュニティバスのデータを路線ごとにまとめた『2021年上半期版 東京都コミュニティバス全路線データブック』の『特別区編』『南&西多摩編』『北多摩編』の計4種類でした。南&西多摩編は今回がシリーズ初刊行、北多摩編はイベント初頒布(文フリ東京でも頒布してません)でした。

  

 今回は以下の作品が完売となりました(事前に予約いただいていた作品を除く)。

・大阪市営渡船旅行記
・日本最長路線バス旅行記 

 なお、総部数は前回出展時(第七回文学フリマ大阪)と比べ、微増となりました。やはり大阪が舞台の大阪市営渡船旅行記の存在が大きかったということにつきますね。
 

 

 さて、次の出展ですが、11月に開催の第三十三回文学フリマ東京の予定です。そのほか、何か動きがありましたらブログ支店やツイッターなどでお知らせします。

 次回の更新は10月中の予定です。近況報告をします。

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

 

| | コメント (0)

2021年9月29日 (水)

第九回文学フリマ大阪、ありがとうございます!

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 9月26日に開催された第九回文学フリマ大阪の『そよ風文芸食堂』ブースへ、たくさんの方にお立ち寄りいただきました。ありがとうございます。また、私も無事に帰宅しました。

 正式な御礼や在庫・増刷状況、当日の様子などは近日中に更新いたします。

 

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

| | コメント (0)

2021年9月25日 (土)

明日は第九回文学フリマ大阪です&お知らせ

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 明日(9月26日)は大阪・天満橋のOMMビルで『第九回文学フリマ大阪』が開催されます。

 開催地やイベント概要、出展物の情報などは以前の記事にまとめてありますので、そちらをご覧ください。

 

 ブースは会場に入って右奥の『I-15』です。新刊はトラベルゲームブックとコミュニティバスデータブック(3種類)の計4種類です。
 概要は次の通りです。
 

【新刊】

0902  トラベルゲームブックの新刊は『クーデレ留学生とあの日の約束』です。高校生の住之江湧太が蒼田鈴音と東京→出雲の旅をします。マルチエンディングです。過去最大のボリュームに加え、作品内にはとある仕掛けがしてありますので1回のプレイでまんべんなく楽しめる構造となっております。

 そのほかの新刊は『2021年上半期版 東京都コミュニティバス全路線データブック』の『南&西多摩編』『特別区編』『北多摩』です。南&西多摩編は初刊行、北多摩編はイベント初頒布(第三十二回文フリ東京以降の発行です)となります。マニアックな路線が多数です。

 もちろん、既刊の旅行記やゲームブック、小説、英語のバスの本なども取りそろえております。
 特に大阪市営渡船の全8航路と渡船場跡を巡った『大阪市営渡船旅行記』、大和八木~新宮の167kmを結ぶ日本最長路線バスに乗った『日本最長路線バス旅行記』など、関西を舞台にした旅行記を増刷しました。

 
 さらにブースでは特別企画を実施。大阪や関西に関する何かがあります(詳細は秘密です。ブースでご覧ください)。ほかにも色々な企画をやっていますので、お気軽にお立ち寄りください!

 

 立ち読みや雑談だけでも大歓迎です! 気分次第で何かプレゼントを差し上げちゃうかもしれませんよっ?

 もちろん、先着で購入者特典もご用意しています。今回も特別にちょっぴりグレードアップしています。

 

 なお、今回の一般参加は新型コロナ感染症への対策(マスク着用など)が必要です。詳細は文学フリマのホームページやツイッターをご覧ください。

 

 

 ここでお知らせです。本日13時00分以降はブログ、ホームページ、ツイッターなどの更新がストップします。

 御礼やお返事、メール返信、文学フリマ当日の様子などのお話ができるようになるのは、早くとも2021年9月29日以降となります。なにとぞ、ご承知おきくださいませ。

 

 

 次回の更新は近日中(9月29日以降)の予定です。

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。また、文学フリマ会場の『I-15』ブースにて、皆様のお越しをお待ちしております!

 

| | コメント (0)

2021年9月11日 (土)

第九回文学フリマ大阪&第三十三回文学フリマ東京へ出展する予定です

 いらっしゃいませっ! 支店長の湯浅でございます。

 2021年9月上旬現在の近況報告です。

 

 まず今後のイベント出展についてです。
 9月26日に大阪・天満橋のOMMビルで開催の第九回文学フリマ大阪に出展参加します。ブース番号は『I-15』です。詳細についてはひとつ前の記事にまとめてありますので、そちらをご覧ください。

 また、11月23日に東京・大田区の東京流通センターで開催予定の第三十三回文学フリマ東京にも出展が確定しました。ブース番号は事務局から発表されましたら、ブログ支店やツイッターなどでお知らせします。

 それ以外にも何かのイベントに出展するかもしれません。詳細は確定次第、お知らせします。

 

 次回の更新は9月下旬の予定です。第九回文学フリマ大阪関連の情報をお知らせします。

 本日もご来店いただき、ありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

 

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧