« 第二十九回文学フリマ東京 出展情報(最終更新:2019年11月15日現在) | トップページ | 本日は第二十九回文学フリマ東京です! »

2019年10月26日 (土)

ちょっぴりおバカで かなーりほのぼの 大阪市営渡船旅行記

Photo_20191020213201  ちょっぴりおバカで かな~りほのぼの旅行記シリーズの第17作目(旅行記全体では34作目)。

 大阪市営渡船の全8航路を完乗し、さらに旧渡船場の6か所や史跡、名所、銭湯などを巡った旅。第七回文学フリマ大阪の参加記録や遠征の際の工夫なども紹介している。

 大阪シティバスや大阪メトロなども収録。 

 

 キャッチコピーは『大阪の日常風景がここにあります!』。

 

 雑学をやさしく解説したコーナー、貴重な各種データなども収録。
 また、旅やバスファンだけでなく、読書ファンも楽しめる構成になっています。
もちろん、各地の写真も多数収録しています。

 

 

【支店長評価】

※最大評価は5、最低評価は0です。

エッチ&おバカ度:1.0

真面目度:4.0

旅情報度:4.5

鉄道・バス・船度:4.0

妄想度:0.5

 

 

詳しい内容やデータは ↓ の『続きを読む』をクリックしてご覧下さい。

初版発行日:2019年11月24日

サイズ:A5・本文フルカラー・106ページ

定価:1200円

著作:湯浅祥司

備考

・収録データは2019年10月現在のものです。 

 

 

【収録内容】

『序章・数年振りの大阪遠征へ』

 次の新刊では大阪市営渡船の全8航路と渡船場跡6か所など、大阪市内の渡船に関するスポットを中心に巡る旅をすることにした。併せて第七回文学フリマ大阪への出展を決める。

 そのため、交通手段や遠征の工夫など事前に様々な準備を進めるのだが、アクシデントが連続して発生し……。

『第1章・いよいよ旅立ち! いざ大阪へ!!』

 紆余曲折があったものの、なんとか大阪へ向けて出発する日を迎えた。まずは4列シートの夜行高速バス『青春エコドリーム号』で大阪へ。そして大阪到着後は渡船への乗船と第七回文学フリマ大阪への出展。さらにそのあとにも某所を巡るというハードなスケジュール。

 その過程で何が起きたのかというと……。

『第2章・大阪の懐の深さは日本一!』

 この日は渡船への乗船など、早朝から大阪市内を巡ることとなる。その途中では大阪に住む皆様の優しさや大阪の日常に触れることに……。

『終章・大阪市営渡船を支えているもの』

 内容はヒミツです。実際に読んでみてくださいっ!

※そのほか、雑学を詳しく解説した付録コーナーがあります。

 

|

« 第二十九回文学フリマ東京 出展情報(最終更新:2019年11月15日現在) | トップページ | 本日は第二十九回文学フリマ東京です! »

出版物案内(旅行記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第二十九回文学フリマ東京 出展情報(最終更新:2019年11月15日現在) | トップページ | 本日は第二十九回文学フリマ東京です! »