« 第二十五回文学フリマ東京のお礼とご報告 | トップページ | 在庫・増刷状況:2017年12月12日現在 »

2017年12月11日 (月)

楽しい1日乗車券! 東京横断 京王バス旅行記

0038概要:2017年12月31日に東京・江東区(有明)にある東京国際展示場(東京ビッグサイト)で行われた『コミックマーケット93』で初版発売。

 

 旅行記の新シリーズ『楽しい1日乗車券』シリーズの第1作で、旅行記全体では26作目です。

 1日乗車券のひとつにスポットを当て、それを使った旅をする旅行記。
 第1弾となる本作では、今まで制作した旅行記の中であまり利用していなかった『京王バス(京王バス東、京王バス中央、京王バス南、京王電鉄バス、京王バス小金井)』の『全線一日フリー乗車券』を使った旅をしました。

 スタートは最東端の渋谷駅で、ゴールは最西端の小仏。京王バスだけを乗り継いで、その約100キロを移動します。果たして、その旅で起きたこととは……。

 

 雑学をやさしく解説したコーナー、貴重な各種データなども収録。もちろん、各地の写真も多数収録しています。

【支店長評価】

※最大評価は5、最低評価は0です。

おバカ度:1.5

真面目度:4.0

旅情報度:4.0

鉄道・バス度:4.0

妄想度:0.5

詳しい内容やデータは ↓の『続きを読む』をクリックしてご覧下さい。

 

初版発行日:2017年12月31日

サイズ:A5・本文フルカラー・52ページ

定価:700円

著作:湯浅祥司

備考

・収録データは2017年12月現在のものです。 

 

【収録内容】

序章 新たな旅行記シリーズ始動! 1日乗車券へ感謝を込めて……

 今までは様々なテーマの旅をする上で、交通費がお得だからという理由で1日乗車券を利用してきた。ただ、1日乗車券そのものにスポットを当てた旅行記は作っていない。ないものはつくるしかないし、これは1日乗車券への感謝の気持ちを示すことにもなる。

 こうして新たな旅行記シリーズ『楽しい1日乗車券シリーズ』の制作が決定。そしてたくさんある1日乗車券の中で選んだのは京王バスだった。というのも、都区内を運行している路線バスの中で京王バスがあまり取り上げられていなかったからだ。

 内容は最東端の渋谷駅から最西端の小仏までの乗り継ぎの旅。果たして旅の中で待ち受けているのは……。

 

第1章 綱渡りの都区内脱出! ~均一運賃制地域編~

 スタート地点は渋谷駅。そして最初の乗り継ぎは新宿駅となる。これらの路線の運行本数は多いものの、急いで乗り継がなければならない。なぜなら『絶対に乗り遅れてはいけない系統のバス』があるからだ。その理由とは……。

第2章 バス旅に油断は禁物です ~区間運賃制地域編~

 調布駅北口から先に乗り継ぐ路線は区間運賃制へと変わる。つまり乗車距離に応じて運賃が変わるのだ。もちろん、全線一日フリー乗車券はその区間でも変わらず利用できる。

 一方、『ひとつの山場』を越えたことでちょっとした気のゆるみが生じ、その結果……

 

終章 乗り継いで旅する意味

 内容はヒミツです。実際に読んでみてくださいっ!

 

・その他、やさしく学べて分かりやすい解説を交えた用語集もあります。

 

|

« 第二十五回文学フリマ東京のお礼とご報告 | トップページ | 在庫・増刷状況:2017年12月12日現在 »

出版物案内(旅行記)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217887/72426258

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい1日乗車券! 東京横断 京王バス旅行記:

« 第二十五回文学フリマ東京のお礼とご報告 | トップページ | 在庫・増刷状況:2017年12月12日現在 »