« 第十一回文学フリマで発行した新刊の情報更新 | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »

2010年12月17日 (金)

第十一回文学フリマ体験記【エッチでおバカな旅行記Ver.】

 いらっしゃいませ。支店長の湯浅です。

 第十一回文学フリマの体験記を、当店の主力である『エッチでおバカな旅行記』風に書いてみます。期待してお待ちいただいている方がいらっしゃるようなので……。

 なお、この体験記は事実に基づいてはいますが、妄想をかなり含んでいるのでご注意願います。

 

 2010年12月5日午前3時ごろ、ようやく全ての作業が終了した。今回は制作に使える時間が限られているというのに、旅行記の新刊が3冊という無謀なる自虐プレイに走ってしまったため、スケジュールが押しに押してしまったのだ。

 しかし完成した本を手にしてみると、苦労しただけ気持ちよさが増幅するんだねっ。

 はぁぅっ! いいっ! はぁっ、はぁっ! くっ……気持ちよすぎて……っ! もっ、もうっボクはっ!
 うぁあああああああああぁっ! ……はぁっはぁっ……ぁ……。
 
※これは完成した新刊を手にした時の嬉しさを表現したものです。変な誤解をしないで下さい。

 そんな感じで見るたびに喜んでいたら出展の準備作業(本の梱包や見本誌ラベルの作成など)がおろそかになってしまい、深夜までかかってしまったわけさ。

 そのまま朝まで起きていようとも思ったんだけど、会場で倒れてしまったら来場してくれたファンの女の子たちがパニックになっちゃうからね。そうなるとイベントの継続開催が危ぶまれてしまう。

 それに仮にボクが入院してしまったら、各国首脳も他の予定を全てキャンセルしてお見舞いにやってくる可能性も高いし。だから仮眠をとることにしたのさ。

 今は多国間貿易自由化や二酸化炭素排出関連の問題、朝鮮半島情勢、インフラ関係技術の受注合戦など、国際的な問題が山積していてみんな忙しいのに、わざわざボクのために来日してもらうのも悪いからね。

 そういえば国際問題といえば、第十回文学フリマの直前にも朝鮮半島で魚雷による船の撃沈事件があって東アジアが緊迫していたっけ。今回は直前に砲撃事件があったんだよね……。

 これってボクに対する嫌がらせかな? うーむ、その辺の事情を直属の諜報員に指示して探らせておくか……。もし敵対的な意思が1μmでも確認できたら某秘密国際会議の議題に挙げて制裁を検討しないといけない。 

 さて、今回は駅ホームでの長時間露出プレイは避けたかった(いろいろな意味でもう寒いから)ので、頭の中にインプットされているデータを駆使して開場時間の少し前に到着するように家を出た。

 JR蒲田駅に到着したのは9時過ぎ。それから徒歩で会場へ向かった。駅を出て左へ進み、銀行の横の道を歩いていく。

 ちなみにその途中には、入る時に周りの目が気になる施設があるよね? 中では興奮して血を熱くたぎらせて、我慢できずに発射したくなっちゃう。欲望の赴くままに行動してしまわないように、利用する時は自制しないとね。――ああいうモデルガン専門店に入ると、好戦的だとか色々と疑われるから、どうしても周りの目が気になっちゃうんだよね。利用する時の注意点としては、試し撃ちはほどほどにして、欲望に負けて無駄遣いをしないようにする事さ。

 会場に到着するとすぐに出展者の列に並んだ。なんと、それからすぐにすごい人数が集まってきて列はどんどん長くなる。冷静に考えれば、最大人数だと『参加サークル数×3人=たくさん』となるんだから当然だよね。

 やがて出展者入場時間の10時となるが、諸問題が発生したらしく開場が少し遅れる。その諸問題とは、宅急便の車の到着が遅れているかららしい。その説明には論理的に疑問が残るが、あえてツッコミは控えておこう……。

 ――単に説明不足だっただけですよねっ? 車の到着前(発送されてくる本を各ブースへ配本する前)に開場しちゃうと、事務局も会場も宅急便屋も出展者も混乱してちゃうからですよねっ? まぁ、それくらいは僕の額に存在する『三番目の瞳』を使わなくても分かるさ。ちなみに『三番目の瞳』の詳細について知りたい方は、ボクの旅行記をご覧いただきたい。

 こうしてプチトラブルがあったものの、無事に自分のブースへ到着。すぐに準備を始める。今回は本を展示する什器に改良を加えてあったので、前回比20分程度短縮して準備が完了した。入場が遅れたから、差し引きだと完了時間があまり変わらなかったけどね……。

 程なく時刻は11時となり、一般参加者の皆さんが入場する。今回は大展示ホールと小展示ホールに分かれているため、人の流れが読めない。それでもしばらくして最初のお客さんがやってきた。

 いつもの事ながら、最初のお客さんには大サービスをしている。今回は非売品の『ノスタルジックな豆本Vol.1』をお付けした。喜んでいただけただろうか?

 さすがに今回は評論系の一部が小展示ホールへ移動した事もあり、午前中はブースの前を通る方でさえ少なかった。仕方ないのでブースの前で悪魔召喚の儀式でもしようかと思ったのだが、その怪しいイメージだけで人が遠ざかってしまいそうな気がしたので自重した。

 ちなみに呼び出そうとしたのは、第9使徒の象●というインドの悪魔だ。やはりエッチでおバカな旅行記を扱っている以上は『エロイ●エッ●イム』という呪文の響きに惹かれてしまうからね。

 正午過ぎからボチボチとブースの前を通る人やお客さんが増え始める。ようやく来場者の皆様と交流が出来て感激さっ! やっぱり自分の書いたものを読んでもらえる&色々なお話が出来るというのは嬉しいからねっ! 対面で本を発表出来るというのはこういうイベントならではだよねっ!

 そうして来場者の皆さんと色々なお話をしていると、あっという間に終了時刻となった。今回は新刊が三冊の上、多めに刷ったため完売した本はなかった。でも既刊も含めて全種類の本を平均してお買い上げいただいたので販売総数は過去最高を記録した!

 本当にありがたいことだ。しかしこれで慢心してはいけない。これからも精進してもっといい作品を仕上げていかなければならない。そして常に向上心を持って努力を続けていくことが皆様への恩返しとなる。

 ――そんな強い想いを胸にボクは会場を後にしたのだった。

〈おしまいっ!〉

 

 いかがでしたでしょうか? エッチでおバカな旅行記はこんな雰囲気になっています。たまに『なぜ勉強をするのか?』『人生とは何か?』のような哲学なんかもしています。お時間があればブースにお立ち寄りいただき、ぜひ立ち読みをしていってください。冷やかし大歓迎です!

 皆様とお会いできる縁がありますように……。

 本日もご来店いただきありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

 

 追伸:文学フリマ事務局通信にトラックバックしました。

 http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20101205

|

« 第十一回文学フリマで発行した新刊の情報更新 | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »

そよ風文芸食堂」カテゴリの記事

イベント関係」カテゴリの記事

公開作品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1217887/38107120

この記事へのトラックバック一覧です: 第十一回文学フリマ体験記【エッチでおバカな旅行記Ver.】:

« 第十一回文学フリマで発行した新刊の情報更新 | トップページ | 本年もよろしくお願いいたします »